ピンクのお部屋

ピンクのお部屋 お暇な時間に ど・う・ぞ!

浅野拓磨のジャガーポーズ画像!50mを5.9秒で走る「ジャガー浅野」

time 2016/01/31


こんにちは。ありんこです。

30日のU-23オリンピック・アジア最終予選の決勝で日本が韓国に劇的逆転勝利をしましたね。

その立役者が浅野拓磨選手でした。

90分以内に0-2をひっくり返し、3-2で5年ぶりアジアの頂点に立ち日本中が湧き上がっています。

昨日は、浅野選手のジャガーポーズを久しぶりに見れましたね。

今回はその立役者、浅野拓磨選手のジャガーポーズに迫って見たいと思います。

スポンサードリンク

ジャガー浅野の由来

50mを5.9秒で走る超早いスピードから、「ジャガー浅野」というあだ名がつきました。

その「ジャガー浅野」選手がゴールを決めたときにするパフォーマンスポーズが「ジャガーポーズ」

これはスポーツライターが名付けたもので、裏に抜け出し電光石火のゴールを決めるタイプの浦和レッズの石原直樹選手が「ピューマ」と呼ばれるのに対し、肩を並べる存在として浅野選手が「ジャガー」と呼ばれるようになったとも言われています。

サッカーにおいて、切り札的な存在を「スーパーサブ」と呼ぶそうですが、昨日のオリンピック予選決勝では浅野選手は、試合の後半15分から投入され、見事2ゴールを挙げて逆転劇を見せてくれました。

これはまさにスーパーサブそのものですね。

所属するサンフレッチェ広島でも、エースの佐藤寿人選手に代わって交代出場することが多く、限られた時間の中でも質の高いプレーを見せてチームには欠かせない存在になっている浅野選手。

でもまさか0-2を90分以内にひっくり返すとは、日本中が驚きましたよね。

韓国ももう勝った!と思っていたと思います。

韓国も驚いたでしょうね。

NHK-BS解説の山本昌邦さんは、試合前から「コンディションの差」をポイントに挙げていました。

「韓国は決勝トーナメントで後半に足をつる選手が続出しているが、日本の選手は、最後まで走り切れている」

試合が終盤になれば日本が有利だと言っていましたが、まさにその通り、最後まで走りきれました。

試合後の浅野拓磨選手のインタビュー

「やっと(点を)取れました」 「慎也くんが自分を見てくれていると信じていた。今まで、点を取れずにチームを苦しめてしまった。こういう大舞台でゴールを決めて貢献できて、嬉しく思う」 「“自分はできる”と信じてピッチに入った」 「家族にも待たせていたので、良い報告ができる」

今大会でなかなかゴールを決められなかった浅野選手もうれしかったでしょうね。

本当に家族思いの浅野選手ですね( ̄▽ ̄)ノ

スポンサードリンク

浅野選手の家族の記事はこちらをどうぞ。

⇒浅野拓磨の家族構成は?兄弟や妹の年齢や父親・母親の画像が気になる!

⇒浅野拓磨は結婚してるの?出身高校や年俸、さらに筋肉の画像を調査!

ジャガーポーズの画像

浅野拓磨 ジャガーポーズ 浅野拓磨 ジャガーポーズ1 浅野拓磨 ジャガー

画像:http://matome.naver.jp/

まとめ

サッカー日本代表、リオ五輪、おめでとう!

今年の夏に行われるリオデジャネイロ五輪は、8月4日にグループステージが開幕し、20日に決勝が行われます。

今回は浅野選手のジャガーポーズの由来、画像などを調べました。

大家族を支える浅野選手のこれからの活躍がますます楽しみですね。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

⇒琴奨菊の強さの秘密「琴バウアー」の真実とは?5度のカド番大関!

⇒琴奨菊が結婚した嫁、石田祐未の画像!絵本でプロポーズ?

⇒大場美和wikiプロフィール!筋肉がヤバイ!父親の職業は?

⇒桃田賢斗の髪型やネックレスが気になる!彼女はいるの?

スポンサードリンク

関連記事

down

コメントする