ピンクのお部屋

ピンクのお部屋 お暇な時間に ど・う・ぞ!

水谷優子ミニーやポケモン、ピノコの声優が乳がんで天国へ

time 2016/05/20


こんにちは。ありんこです。

 

ちびまる子ちゃんのお姉ちゃん、さくらさきこの声をしていた水谷優子さんが51歳という若さで乳がんで死去されました。

 

今回は、水谷さんの過去の作品や、旦那様、乳がんについて調べました。

スポンサードリンク

水谷優子 プロフィール

本名:西久保優子(にしくぼゆうこ)

 

愛称 ケロリン

 

生年月日:1964年11月4日

 

出身:愛知県

 

血液型 O型

 

身長 157cm

 

体重 46kg

 

学歴 大阪府立島本高校卒業

 

水谷優子さんは、数々の声優をしていましたが、中でも「ちびまる子ちゃん」のお姉ちゃん役は、1990年1月の第1回放送から現在まで26年間担当していました。

 

22日と29日のちびまる子ちゃんの放送は、収録しているのでそれが最後となります。

 

水谷さんは、1985年、21歳の時に「機動戦士ガンダム」の飛行場のアナウンサー役でデビューしています。

 

イルカがとても好きで、部屋の中はイルカグッズでいっぱいなんだとか。

 

声優になっていなかったらイルカショーのお姉さんになっていたんでしょうか。

水谷優子さんの旦那様

アニメ監督の西久保瑞穂(にしくぼみずほ)さんです。

 

生年月日 1953年1月15日 現在は63歳になりますね。

 

お二人の間には子供はいなかったみたいで、旦那様はこれからひとりでさみしいでしょうね。

乳がん

乳がんは早期に発見されると、助かる可能性の高いがんです。

 

ステージ0 100%

 

ステージⅠ 95.7%

 

ステージⅡ 90.9%

 

ステージⅢ 69.7%

 

ステージⅣ 32.2%

 

と言うことなので、水谷さんは、発見した時はすでに末期だったんでしょうか。

 

がんが出来た場所により、痛みも異なるそうです。

追悼番組

スカパーでは、水谷優子さん追悼の番組が放送されます。 スカパー

出典:スカパー

スポンサードリンク

ネットには悲しみの声が





まとめ

水谷優子さんが51歳という若さで乳がんでお亡くなりになりました。

 

天国では、もう手塚治虫先生に会えたでしょうか。

 

後任は誰なのか、まだ決まっていませんが、やはり今までのイメージはなかなか書きかえられませんね。

 

特に26年と言う長い間、聞きなれた声が変わってしまう現実を受け止めるのは時間がかかりそうです。

 

ミッキーもさみしがっているでしょう。 ご冥福をお祈りいたします。

 

関連記事

 

【訃報】竹田圭吾の病気はすい臓ガン!ガン告白からわずか3ヶ月でwww

 

水木しげるさん訃報!ゲゲゲの鬼太郎の作者93歳で亡くなる

スポンサードリンク

関連記事

down

コメントする