ピンクのお部屋

ピンクのお部屋 お暇な時間に ど・う・ぞ!

水木しげるさん訃報!ゲゲゲの鬼太郎の作者93歳で亡くなる

time 2015/11/30


こんにちは。ありんこです。

本日は急な訃報が入ってきました。

「ゲゲゲの鬼太郎」で有名な水木しげるさんが心不全で93歳でお亡くなりになりました。

スポンサードリンク

水木さんと言えば「ゲゲゲの鬼太郎」や「悪魔くん」「ゲゲゲの女房」など有名な作品がたくさんありますね。

93歳まで現役で絵を書いておられた水木さん。

先月の11日ご自宅で転倒され頭を打って東京都内の病院に入院していたということですが、心不全のため93歳でお亡くなりになりました。

水木しげる1

戦争で左手を失った水木さんは子供の頃から体育と図画だけは成績が良かったそうです。

幼少時、まかない婦として家に出入りしていた景山ふさ(のんのんばあ)に可愛がられ、彼女が語り聞かせた妖怪話に強い影響を受けて妖怪に興味を持っていました。

2度ほど就職もされましたがクビになり、体を壊して静養するため、鳥取に帰郷し、父親に「もう職探しはやめて絵の勉強を…」と言われ本格的に絵を書き始めました。

本名は武良 茂さんです。

「水木しげる」は紙芝居作家時代に経営していたアパート「水木荘」から名付けられました。

スポンサードリンク

1958年に漫画家としてデビュー。代表作の『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などヒット作を次から次に世に送り出しました。

水木さんご夫婦の自伝であるNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」では松下奈緒さん主演で社会的反響がすごく大きかったですね。

「人生は……終わりよければ、すべてよし!!」今、このお言葉が心にしみます。

鳥取には水木さんの「水木しげる記念館」「水木しげるロード」があります。

鳥取県境港市本町5

午前9時30分~午後5時まで(入館受付は閉館30分前まで)
料金
一般 700円
中高生 500円
小学生 300円

水木しげるロードでは「ゲゲゲも鬼太郎」に出てきたたくさんの妖怪たちの銅像があります。

まとめ

ありんこも「ゲゲゲの鬼太郎」は大好きでした。

ウエンツさんの実写版「ゲゲゲの鬼太郎」も鬼太郎がイケメン過ぎだったけど面白かったし、本当に残念です(´_`。)グスン

水木しげるロードや水木しげる館も行った事あります。

そこで一反木綿やねずみ男たちのゲゲゲの鬼太郎キャラクターパンを買いました(≧ω≦)b

藤子・F・不二雄さん、手塚 治虫さんと昭和の漫画誌を築いてこられた方がまた減ってしまったことは本当に残念です。

ご冥福をお祈りいたします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ありんこでした。

 

スポンサードリンク

down

コメントする