ピンクのお部屋

ピンクのお部屋 お暇な時間に ど・う・ぞ!

モハメドアリ死去!死因の病気はパーキンソン病?名言やアントニオ猪木との試合は?

time 2016/06/04


こんにちは。ありんこです。

モハメドアリさんが死去しました。

74歳でした。

数々の名言を残し、1976年にアントニオ猪木さんと「格闘技世界一決定戦」で戦いました。

当時はプロレスとボクシングの戦いと言うことで、世紀の一戦と騒がれました。

スポンサードリンク

モハメド・アリ

本名 カシアス・マーセラス・クレイ・ジュニア

イスラム教に出会い、名前をモハメドアリに改名しています。

生年月日 1942年1月17日

身長 190cm

ボクシングに入ったきっかけ

12歳の時に父親にもらった大事な自転車を盗まれ、警察に盗難届を出した時に、その警官がボクシングジムのトレーナーをしていたことがきっかけです。

アリ氏は、1981年に現役を引退しました。

近年はパーキンソン病を患っていたことから、公の場に姿を見せる機会は少なくなっていました。

アントニオ猪木氏との出会い

「100万ドルの賞金を用意するが、東洋人で俺に挑戦する者はいないか?」と言ったアリ氏に対して挑戦状をたたきつけたのが猪木氏です。

猪木氏は「100万ドルに900万ドルを足して1,000万ドルの賞金を出す。試合形式はベアナックル(素手)で殴り合い。日時、場所は任せる」と挑戦状を叩きつけました。

当時、アリ氏は猪木氏のことを知らず、「猪木なんてレスラーは名前すら知らなかったが相手になる。レスリングで勝負してやる」と発言し、猪木氏の顎に対し「まるでペリカンのくちばしだ。お前のそのくちばし(顎)を粉々に砕いてやる」と発言。

それに対し、猪木氏は「私の顎は確かにペリカンのように長いが、鉄のように鍛え上げられている。日本語をひとつ教えてあげよう。アリとは日本で虫けらを指す言葉だ」と返答し、アリ氏は激怒。

そこから猪木氏のニックネームの一つ「ペリカン野郎」ができました。

この世紀の試合は、引き分けに終わりました。

ボクシングは立って行う競技ですが、猪木氏は寝ころんだ状態でアリ氏の足を執拗に狙う攻撃をし、決定打を出すこともなく引き分けに終わったことに観客は罵声を浴びせました。

猪木氏はアリ氏のパンチをまともに食らったら間違いなくやられるとわかっていたので戦略を考えていたんですね。

このときの猪木氏の攻撃により、アリ氏の太ももは激しく腫れ上がり、膝の裏に血栓症を患い、サンタモニカの病院に入院しました。

スポンサードリンク

アリ氏の病気

アリ氏は32年間、パーキンソン病を患っていました。

パーキンソン病とは?

手足がふるえる(振戦)

動きが遅くなる(無動)

筋肉が硬くなる(固縮)

体のバランスが悪くなる(姿勢反射障害)

といった症状がみられ、それらによって顔の表情の乏しさ、小声、小書字、屈曲姿勢、小股・突進歩行などの運動障害が生じます。

それでも1996年に行われたアトランタオリンピックでは最終点火者としてふるえる手で、周りの人に支えられながら点火した姿は、世界中の感動を誘いました。

その時の画像がこちらです。

モハメドアリ オリンピック

出典:http://www.jiji.com/

モハメドアリ氏は黒人に対する差別にも戦っていました。

パーキンソン病になったのは、パンチを受け続けたことが原因とも言われています。

モハメドアリの名言集

「チョウのように舞い、ハチのように刺す。」

「私とベトコンの間に争いはない。」

「人間として大きくなればなるほど、それをあえて他人に証明する必要は無くなるのです。」

「不可能とは、自らの力で世界を切り拓くことを放棄した臆病者の言葉だ。

不可能とは、現状に甘んじるための言い訳に過ぎない。

不可能とは、事実ですらなく、単なる先入観だ。

不可能とは、誰かに決めつけられることではない。不可能なんてありえない。」

「50歳になった時、20歳の時と同じように世界を見ている人間は、人生の30年を無駄にしたということだ。」

「何のリスクも取れない人間に、成し遂げれることなど、何一つ無いのです。」

「他者に貢献すること。それは、この地球に住むための家賃みたいなもの。」

「人生はボクシングと似ている。問題は倒れることではなく、倒れたときに立ち上がろうとしないことだ。」

「俺はトレーニングが大嫌いだった。でも、自分にこう言い聞かせたんだ。

絶対にあきらめるな。今は耐えろ。そして残りの人生をチャンピオンとして生きろ」

「想像力のない奴に、翼は持てない。」

「人間が困難に立ち向かう時、恐怖を抱くのは信頼が欠如しているからだ。私は私を信じる。」

まとめ

モハメドアリ氏は、自ら受けた黒人差別に立ち向かい、アメリカを許した英雄でした。

数々の名言を残し、人々の心に感動を残したアリ氏の功績はこれから先も残ることでしょう。

安らかに眠ってください。

お疲れ様でした。

あなたにおすすめ

浅野拓磨のジャガーポーズ画像!50mを5.9秒で走る「ジャガー浅野」

琴奨菊の強さの秘密「琴バウアー」の真実とは?5度のカド番大関!

琴奨菊が結婚した嫁、石田祐未の画像!絵本でプロポーズ?

スポンサードリンク

関連記事

down

コメントする