ピンクのお部屋

ピンクのお部屋 お暇な時間に ど・う・ぞ!

小林麻央の病名は進行性乳がん!ステージは深刻で入院は1年8ケ月前!

time 2016/06/09


こんにちは。ありんこです。

今朝のニュースで小林麻央さんが進行がんで極秘入院と言う報道が流れましたが、それをうけて市川海老蔵さんが、今日の午後3時から会見を開きました。

今回は、その会見内容について調べてみました。

スポンサードリンク

小林麻央さんの病名

麻央さんの病名は乳がんでした。

ステージについては、海老蔵さんは語りませんでしたが、「深刻と思っていただいていい」と言うことでした。

海老蔵さんは、はっきり言いませんでしたが、「深刻」と言う言葉で理解してほしいと言っていたので、かなり進んでいるのかと思われます。

お医者さんには、かなりスピードの速いがんだと言われたそうです。

人間ドックで発見されたそうですが、即、手術ではなく今は抗がん剤で治療しているそうです。

と言うことは、手術できないぐらいの大きさ、リンパ節まで広がっていたのかという想像ができますが、抗がん剤で小さくしてから手術をするという方法を選ばざるをえなかったということなんですね。

乳がんはホルモン療法という選択肢もあるそうですが、麻央さんは抗がん剤治療のみと言うことで、かなりたちの悪いがんみたいです。

抗がん剤中心の治療

抗がん剤は、激しい副作用があります。

また種類もいろいろあるらしく、人によって効果がある場合とない場合があるそうです。

いまは、いろんな抗がん剤を試しているみたいですね。

良くなったり、悪くなったりしているみたいです。

今は通院で抗がん剤をしているみたいですが、調子が悪くなれば入院ということもあるそうです。

スポンサードリンク

勧玄くんの初お目見え

勧玄くんの初お目見えの時は病院から一時的に外出許可をもらって、見に行ったそうです。

歌舞伎の初お目見えは25日間あるので、海老蔵さんも麻央さんの体調を考えて悩んだそうです。

でも麻央さんも勧玄くんの初お目見えを見たいということで歌舞伎座に行く決心をしたそうです。

出家

海老蔵さんが、千葉・成田山新勝寺で出家の儀式である「得度」を受けたことも、やはり麻央さんに関係しているそうです。

少しでも気持ちをクリーンにして、麻央さんと一緒に戦っていくと言う気持ちがあったそうです。

人間なので、気持ちが揺れ動くときもあるので少しでも冷静さを保つための得度だったんでしょうね。

公表するかしないか

公にするのかしないのか、お二人で悩んだそうです。

最初は、公にしないと決め、その時その時の時間を大事にしていこうと話し合ったそうです。

でも今回、報道が流れたので、子供たちの生活を考えて公表することにしました。

公表することで、もうそっとしておいてほしいという気持ちがあったんでしょうね。

子どもたちの側にいれない、麻央さんの母親の気持ちを見ていてつらいと海老蔵さんはおっしゃってました。

がんだとわかった時

海老蔵さんは途方に暮れたそうです。

でも麻央さんは、ショックを受けていたにもかかわらず気丈に振舞っていたそうですが、二人とも時間が過ぎていくのがわからなかったそうです。

一番つらいのは、麻央さんですね。

ネットでは

1年8ケ月という長い間、隠し通したのは大変だったみたいです。

出来るなら元気になってから、こんなこともあったねって言いたかったみたいです。

でも逆に公表したので、治療に専念できるということもありますね。

がんが小さくなって手術できるようになることを祈っています。

でも1年8ケ月前にわかったということは、まだ勧玄くんの授乳中だったんではないでしょうか。

まとめ

歌舞伎界きってのプレイボーイだった市川海老蔵さんが、小林麻央さんと結婚してはや6年がたちます。

お子さんも二人できて、海老蔵さんもすっかり落ち着いてブログでもイクメンぶりを発揮しています。

麻央さんの努力があったから、幸せな家庭を築けたんだと思います。

今回の会見を見て、お子さんはお母さんが病気だということを知ることになるそうですが、それってあまりにも可哀想です。

静かに見守ってあげましょう。

関連記事

小林麻央が進行性がんで入院?麻耶の心労の原因?現在の状況を海老蔵が報告!

スポンサードリンク

down

コメントする