ピンクのお部屋

ピンクのお部屋 お暇な時間に ど・う・ぞ!

【速報】野々村竜太郎の判決が決定!懲役3年、執行猶予4年ww

time 2016/07/06


こんにちは。ありんこです。

政務活動費の不正に問われている元兵庫県議員の野々村竜太郎被告が6日の午後2時半から神戸地裁で判決を受けました。

どんな判決を受けたのか、調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

野々村竜太郎のブログ

報道機関各位として「裁判所出頭等妨害自粛等のお願い」でブログに書き込んでいます。

野々村被告のブログはこちらをどうぞ。

野々村竜之介

出典:野々村氏のブログより

判決公判を前に、自身のブログで相次いで更新しています。

それだけ、誹謗中傷を危惧して前もって、手を打っているのだと思いますがあまりにも情けないですね。

会見をするつもりはないと思います。

判決は?

懲役3年、執行猶予4年という判決が下りました。

野々村被告は、おどおどして出廷したそうです。

予想通りの判決ですが、兵庫県民は野々村被告の内容説明がないことに納得していないと思います。

今回の野々村被告の政務活動費不正で、兵庫県議会は内容を明かすことを決めました。

そうすると、1億円が返還されたそうです。

と言うことは、今までは丼勘定のように使い道があやふやになっていたということですよね。

関連記事

野々村竜太郎の病気は精神疾患?カツラ疑惑の現在は?裁判全内容!

紙袋?

法廷には、白い紙袋を持って出廷したそうです。

髪の毛は頭頂部以外は短く生え、おなじみのメガネ姿で白い半袖ワイシャツに濃いグレーのズボンで不精ひげ姿で出廷したそうです。

紙袋には、何が入っていたのでしょうか。

解離性健忘症

解離性健忘症とは、重要な個人的情報を思い出せない障害と言われています。

それがあまりにも広範囲にわたるため正常な物忘れでは説明できないものです。

原因は通常、心的外傷または重度のストレスだそうですが、診断は、病気と言うことになるんですね。

本当かどうかわかりませんが、野々村被告は通院している病院の名前すら明かさないのも不信感を抱きます。

野々村被告は、「解離性健忘症」を主張していましたが、4月に検察側が懲役3年を求刑していました。

今回の判決では、その通りの判決が下りましたが、何となくすっきりしないです。

スポンサードリンク

控訴しない

野々村被告は控訴しないそうですが、事実は認めないそうです。

記憶にないから、自分は悪いことをしていないという主張ですが、「記憶にない」ことは追及できないそうです。

そんな事を言えば、悪いことをしてもすべて「記憶にない」と言えば済んでしまうってことですよね。

反省の色が全くないですね。

法廷中、一言も発しなかったそうです。

でも弁済している、社会的な制裁を加えられているということから、裁判官は執行猶予を付けたそうですが、有罪であることは間違いないです。

野々村被告の刑罰

起訴状によると、野々村被告は架空の日帰り出張費などを計上し、政務活動費約913万円をだまし取ったとされています。

3年間で計344回の日帰り出張を計上していました。

これは、2014年6月に発覚しました。

まとめ

政務活動費不正使用で起訴された野々村竜太郎被告の判決が下りました。

検察側の求めるとおりの判決でしたが、どうも納得いかないというのが本音ですね。

返金すればそれですべて終わる、精神疾患を装えば罪に問われないという安易な考え方が許せません。

スポンサードリンク

関連記事

down

コメントする