ピンクのお部屋

ピンクのお部屋 お暇な時間に ど・う・ぞ!

森田甘路wikiプロフ!でぶせんに抜擢!モテキにも出演

time 2016/07/12


こんにちは。ありんこです。

週刊ヤングマガジンで連載中の人気漫画「でぶせん」が実写化されることが決定しました。

実写化不可能と言われていたでぶせんの主人公は誰になるのかネット上では憶測が飛んでいましたが、森田甘路さんに決定しました。

今回は主役に抜擢された、森田甘路さんについて調べてみました。

スポンサードリンク

森田甘路 プロフィール

生年月日 1986年6月12日

身長 175cm

体重 90kg

出身地 東京都

所属 劇団「ナイロン100℃」

過去の作品 映画「イニシエーション」ドラマ「モテキ」「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」

おデブ俳優として、活躍していましたが、今回は原作者、安童夕馬さん直々のご指名で初主演を務めます。

スポンサードリンク

森田さんは

「僕を指名してくださったと聞いて、本当に光栄でした。使命感に燃えてます。ちょうど30歳の節目を迎えた年にこういう作品に出演させていただけることも、何かのご縁なんだろうな、と感じます」

と歓喜しています。

でぶせん あらすじ

いじめられっ子だった福島満が、コスプレにはまり、コスプレ衣装の買いすぎで借金を抱えてしまい、富士の樹海で一生を終わらせるつもりで行きますが、そこで自分とそっくりの福島満子という女性教師の死体に遭遇します。

その満子の指輪をはめた瞬間、満子の霊が乗り移り、動物園並みの不良たちであふれかえる「帝辺高校」に教師として赴任することになりました。

女装マニアのデブの先生の話なので「デブセン」

元々は、「週刊ヤングマガジン」で連載されていました。

下ネタや派手な暴力描写もあるこの作品は、実写化は不可能と言われていたんですが、8月よりオンライン動画配信サービス「Hulu」で実写ドラマ化されることが決定しました。

全6話です。

放送規制にどこまで戦うのか見ものですね。

原作は安童夕馬(あんどうゆうま)さん

本名は、樹林 伸(きばやし しん)さん

別名がたくさんあって、その中の一つが安童夕馬(あんどうゆうま)です。

生年月日は1962年7月22日の53歳です。

「金田一少年の事件簿」や「サイコメトラーEIJI」など数々の有名な作品があります。

森田甘路さんの女装はこちら。

でぶせん

出典:コミックナタリー

なかなか似あっていますよね。

ネット上では、マツコデラックスとかバナナマンの日村さんとか言う憶測が飛んでいました。

ネットではでぶせんが実写化されるということで喜びの声が





まとめ

ファンも楽しみにしている「でぶせん」の実写化。

森田さんの初主演、演技も楽しみですね。

これで森田さんも大ブレイクしてくれるといいのですが。

原作者から直々のラブコールなんてすごいことですね。

森田さんの意気込みもすごいのでいい作品になるでしょう。

スポンサードリンク

関連記事

down

コメントする