ピンクのお部屋

ピンクのお部屋 お暇な時間に ど・う・ぞ!

大橋寿々子(浅野順子)のプロフィール!大橋巨泉の死因について衝撃発言!

time 2016/07/20


こんにちは。ありんこです。

昭和を代表する名司会者、大橋巨泉さんが7月12日になくなっていたことがわかりました。

もうすでに葬儀・告別式は親族のみで行ったそうです。

死因は、急性呼吸不全ということですが、奥様の寿々子さんが出したコメントに意味深な部分がありました。

スポンサードリンク

妻の寿々子さんのコメント

寿々子さんの発言は衝撃的でした。

一部を抜粋すると

2005年に胃がんを手術、2013年には第4期の中咽頭がんで3度の手術と4回の放射線治療、昨秋には2度の腸閉塞と手術を、そして4月の在宅介護の鎮痛剤の誤投与と続いても、12日までの約11年間の闘病生活を勇敢に戦って来ました。特に4月からの3ヶ月間は死を覚悟し、全てを受け入れ、一言の文句も言わず、痛みも訴えずに、じっと我慢をしてくれました。

 先生からは「死因は“急性呼吸不全”ですが、その原因には、中咽頭がん以来の手術や放射線などの影響も含まれますが、最後に受けたモルヒネ系の鎮痛剤の過剰投与による影響も大きい」と伺いました。もし、一つ愚痴をお許しいただければ、最後の在宅介護の痛み止めの誤投与が無ければと許せない気持ちです。

全文はこちらをどうぞ。

寿々子さんによると、今年4月に受けた在宅介護の医療機関のモルヒネ系鎮痛剤の誤投与により極端な体力減退に陥ったそうです。

量が多かったのでしょうか。

スポンサードリンク

大橋巨泉の妻

大橋寿々子さんは、本名浅野寿々子さんで元女優さんでした。

その時の芸名が浅野順子さんです。

若いころはこんなに可愛い人でした。

浅野順子

出典:sleepyluna.exblog.jp

巨泉さんとは、1969年に結婚されました。

巨泉さんが35歳、寿々子さんが21歳と年齢差が14歳もありました。

年齢を重ねてからは、こんな感じです。

浅野順子 大橋巨泉

出典:jiyuubito21102.com

お二人はとても仲が良く、どこに行くにも何をするのもいつも一緒でした。

巨泉さんは再婚です。

最初の奥さんは、マーサ三宅さん。

マーサ三宅

出典:homepage3.nifty.com

マーサさんとの間には子供さんがいますが、寿々子さんとの間には子供さんがいませんでした。

大橋巨泉が入院していた病院

報道では「千葉県の病院」とありましたが、どこの病院かはわかりませんでした。

ただ、最初のがんが発見されたのが、人間ドックを受けた千葉県千葉市の井上記念病院です。

人間ドックで胃の一部に疑問な部分が見つかり、同病院で、内視鏡検査を受けて早期の胃がんが発見されていることから、そのまま井上記念病院に入院していたと思われます。

でも末期のがん患者の受け入れを考えると、緩和ケアがある病院やホスピスの可能性もありますね。

千葉県の緩和ケアのある病院

千葉県がんセンター
山王病院
船橋市立医療センター
千葉徳洲会病院
君津中央病院
東松戸病院
聖隷佐倉市民病院
総合病院国保旭中央病院
辻仲病院柏の葉
国立がん研究センター東病院
我孫子聖仁会病院
平和台病院
鎌ケ谷総合病院
さんむ医療センター

これだけありました。

でも巨泉さんは、誤投与されて状態が悪化するまで在宅看護をしていました。

なので、緩和ケアは必要ないかと思います。

大橋巨泉 プロフィール

本名 大橋克巳

生年月日 1934年3月22日

身長 178cm

血液型 B型

巨泉さんは、早稲田大学を中退後、ジャズ評論家、放送作家などをしていましたが、「11PM」の司会を担当してから、テレビ界入りし、名司会者として有名になりました。

TBS系「お笑い頭の体操」「クイズダービー」「世界まるごとHOWマッチ」などの司会者もしていましたね。

「野球は巨人、司会は巨泉」と言われたほどです。

「倍率ドン」も有名でしたね。

体力の低下を理由に、2016年3月27日に入院しましたが、4月5日に一旦退院して在宅介護に切りかえています。

その在宅介護の医療機関によるモルヒネ系鎮痛剤の誤投与により極端な体力減退に陥ってしまいました。

そして、4月11日に緊急入院し5月下旬には集中治療室に入っていました。

最後にテレビに出たのが、大の仲良しの永六輔さんと「徹子の部屋」です。

2月4日の放送でした。

その時の画像ですが、お二人とも痩せていますね。

大橋巨泉 永六輔

出典:girlschannel.net

巨泉さんは、80kgあった体重が、亡くなった時には40kgと半分になっていたそうです。

まとめ

また一人、昭和を代表する人が亡くなられました。

巨泉さんは20年近く続けた「週刊現代」の連載コラムに「最後の遺言」というタイトルで余命わずかの心境と病状をつづっていました。

50歳代でセミリタイアしてから、奥さんの寿々子さんと悠々自適な海外生活をしていた巨泉さん。

ご冥福をお祈りします。

スポンサードリンク

関連記事

down

コメントする