ピンクのお部屋

ピンクのお部屋 お暇な時間に ど・う・ぞ!

冨田真由さんの現在の様子が週刊文春8月号で明らかに!眼帯画像は嘘!

time 2016/08/27

Pocket

こんにちは。ありんこです。

5月21日に東京都小金井のイベント会場でストーカーの岩崎友宏容疑者に襲われた冨田真由さんの現在の容態を週刊文春が報じています。

冨田さんのことを心配している方はたくさんいるのですが、最近は全然情報がなく気になっている方も多いでしょう。



週刊文春の8月11日号

冨田さんの母親の話では

「真由は頑張って回復しています」

「本人はまたギターを弾きたいと言っている」」

と涙ながらに取材に応じたそうです。

冨田さんがトラウマになっていないみたいで安心しました。

またギターを弾いて歌いたいという強い思いがあれば、必ず今の状態を乗り越えてくれるでしょう。

幸いにも病気ではなく、怪我なので年齢的にも若いということで、回復に向かうのは早いと思います。

心の傷は深いと思いますが。

眼帯画像はガセ?

事件から3か月立ちますが、今だに家族以外は面会謝絶らしいという情報もありますが、現在、冨田さんはリハビリをしているそうです。

現在は少し会話をしたり歩いたりできるようになったそうです。

ということは面会謝絶ではなさそうですね。

現在は警察の聞き取りに応じられる程度にまでなっているとか。

本当に良かったです。

眼帯画像が出回ったみたいですが、本人かどうか確認は取れていません。


スポンサードリンク

警察のミス

今回の事件では冨田さんの母親がストーカー被害を訴えているにもかかわらず、本人の訴えでない限りどうしようもないと動かなかった警察。

冨田さんの携帯位置情報を間違えるという初歩的なミスで警察には、捜査の仕方や対応に批判が集まっています。

岩埼容疑者は精神状態を調べるため、約3か月間の鑑定留置をおこなっていましたが、責任能力に問題はないと判断されたそうです。

その為、殺人未遂罪などで起訴されることになりました。

ネットでも安心する声がたくさんあります。

冨田 ツイッター1

冨田 ツイッター

「We love Mayu」

7月中旬に都内のある場所で行われた野外ライブイベント会場に「We love Mayu」の垂れ幕が掲げられました。

事件現場となった小金井ライブハウスのオーナー、島さとし氏は冨田さんが意識を回復してから、またギターを弾きたいと話していることを冨田さんの母親から聞いたそうです。



一時は、店を畳んで故郷に帰るつもりだった島さとし氏。

でも冨田さんが頑張っているのに、店を畳んだら冨田さんの帰ってくる場所がなくなってしまう。

その思いで今もお店を続けているそうです。

あんなに怖い思いをしても、まだギターや歌うことを諦めない冨田さんの強い意志を受けとめようとしているのでしょうね。

まとめ

あんな事件にあったら、普通ならもう人前に出るのも怖くなってしまうところですが、前向きな冨田さんはまだ夢をあきらめていません。

いつか元気になってみんなの前に姿を現してくれることを祈っています。

冨田真由さんの事件はこちらにまとめていますので、よろしければどうぞ。

冨田真由さんストーカー事件まとめ



down

コメントする