ピンクのお部屋

ピンクのお部屋 お暇な時間に ど・う・ぞ!

ガクトのマレーシアの自宅値段がヤバイ!?テレビ初公開画像!

time 2017/04/17


こんにちは。ありんこです。

GACKTガクトさんがマレーシアにある自宅をテレビで初公開しました。

番組は「人生で大事なことは○○から学んだ。」毎週日曜日の午後7:58~からテレビ朝日でやっているトーク番組です。

ガクトさんは2年前からマレーシアに住んでいたんです。

全然、知りませんでしたね。

今回はガクトさんのマレーシアの自宅の値段を調べてみました。

スポンサードリンク

GACKTガクト プロフィール

生年月日 1973年7月4日

出身 沖縄県

血液型 A型

身長 180cm

ガクトさんは、5年前からマレーシアに移住していたそうです。

現在では、1年のうちの6割はマレーシアで暮らしているとか。

自宅の場所は、マレーシアの首都、クアラルンプールの郊外の高級住宅地です。

その豪華な自宅は1700平米もある広い敷地。

そして要塞のような門構え。

この自宅の値段はなんと5億円らしいです!

日本では16億円ぐらいするそうですよ。

暑い国なのにクーラーがない所が気に言っているそうです。

家なのに全部外?と謎めいたことを言っていたガクトさんですが家の中を拝見して分かりました。

真ん中にプールのようなものがあって、それを囲むように部屋があるんです。

壁はありません。

スポンサードリンク

 

リビングにはバーカウンターもありました。

適度な湿気があって日本のようにじめじめしていなくて気温も最高でも34度くらいなので、クーラーはいらないそうです。

撮影時はリフォーム中だったので中を見ることはできませんでしたが、後でガクトさんが番組に送ってきた写真がこちらです。

ガクトさんの趣味は内見。

今まで、500以上の物件を見たそうです。

クアラルンプールに住みだしてからも4回は引越しをしているとか。

移住した理由

30代までずっと働いてきて、これまでの人生を振り返ったら何も残っていない事に気付き、このまま年をとるのが嫌になったそう。

それからいろんな国に行き、最終的にマレーシアに決めたそうです。

マレーシアは都市ながらすぐ近くには大自然がいっぱいある所。

日本からも飛行機で6~7時間くらいです。

マレーシアと言えば、定年したときに移住したい国のNO.1に10年間輝いている国です

理由としては

・気候がいい。
・湿度が低い。
・物価が安い。
・光熱費が安い。

大体、日本の3分の1ぐらいで生活出来るそうです。

ガクトさんは小さい時から体が弱く、19歳の時に食事療法を取り入れ、健康になってきたそうです。

30歳の時に背中を痛めて、寒くなると痛むのだとか。

だから南国を選んだんですね。

背中を痛めたのは鍛えすぎでしょうか。

今では1日1食生活をしているそうです。

食べるものは野菜、肉、魚中心で、炭水化物はなしだそうです。

ライザップ方式ですね。

ライザップで痩せた芸能人の記事はこちらをどうぞ。

【画像あり】エドはるみの現在2017はライザップで18.5キロ減量成功!

マレーシアでは、基本的に英語が話せれば生活していけるそうです。

でもガクトさんは英語のほかにも、中国語、韓国語も話せるみたいですね。

マレーシアは多民族、他宗教、多言語の国です。

なのでお互いを認め合って譲り合って生活が成り立っているそうです。

英語初心者にはマレーシアが向いているとガクトさんは言います。

日本人は外国語を話すことを怖がるので、最初は身振り手振りでもいいから話そうと努力することが大事!ということでした。

ガクトさんがクアラルンプールで学んだことは「伝えようとする意志が大切」ということらしいです。

日本人に対して学んでほしいことはNOと言えること。

現在の収入は?

私生活が謎すぎるガクトさんですが、去年、クアラルンプールの一等地の高層ビル内に会社を設立していました。

会社名は「GACKT & IKEDA ASIA BRIDGE PARTNERz」

マレーシアをハブとしてビジネスをしたい人のコンサルをする会社みたいです。

言葉だけじゃなくてマレーシアならではの問題などを一緒にクリアしてくれるみたいですよ。

共同経営者の池田諭さんと一緒にやっているそうです。

収入はいくらかわかりませんでしたが、それで生活しているのかな。

他にも作曲などもしているみたいですね。

まとめ

ガクトさんが初めて自宅を初公開しました。

そのお値段がマレーシアで5億円もするということに驚きましたが、その内装や作り、家具なども豪華でうらやましい限りですね。

5年前からマレーシアに移住していたなんて知りませんでしたね。

日本人はひたすら働くイメージですが、マレーシアだとのんびりストレスなく生活できるのでしょうか。

マレーシアは物価も安く、納税もほぼないと聞いています。

ビジネスをするには、ピッタリの場所みたいですね。

スポンサードリンク

down

コメントする