ピンクのお部屋

ピンクのお部屋 お暇な時間に ど・う・ぞ!

桂三木助の奇行は小朝が原因?泰葉がブログでいじめを暴露!

time 2017/04/25

Pocket

こんにちは。ありんこです。

お騒がせの泰葉さんが自身のブログで「桂三木助さんの自○は小朝さんのいじめが原因だ」と暴露しました。

桂三木助さんは2001年に43歳という若さで首を吊っています。

16年もたった今、泰葉さんがなぜそんな事を暴露したのか?

円満離婚と言われた金屏風会見から、一転して「金髪豚野郎」発言。

その後は離婚が原因で双極性障害と診断され、波乱万丈な人生を歩んできた泰葉さんですが、いったい何があったのか真相に迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

4代目桂三木助 プロフィール

本名 小林 盛夫

生年月日 1957年3月29日

没年月日 2001年1月3日(満43歳没)

出身地 東京都北区

師匠 5代目柳家小さん

 

三木助さんの父親は3代目桂三木助さんですが、晩年の子供と言うこともあり、三木助さんが3歳の時に、父親は亡くなってしまいました。

その後、落語家になる気はなかった三木助さんですが姉の勧めで父親と仲の良かった柳谷小さん師匠に弟子入りしました。

御曹司だったこともあり、弟子入りしてからも修行は一切しないで重役出勤。

いつも周りには女性がいるということから「落語界のシティボーイ」と言われていました。

あまり、苦労していないので精神面が弱かったとも言われています。

1985年、4代目桂三木助を襲名してから、その責任の重さを痛感したのか次第に体に不調が現れます。

1993年には重い胃潰瘍にかかり、胃の4分の3を切除しました。

胃潰瘍はストレスからくる病気として有名です。

それからは食事もお酒も少量になり、次第に自分に自信をなくしていったようです。

そして2001年1月自宅で首を吊って、自死しているのを発見されました。

桂三木助さんの奇行

・寄席にたびたび、遅刻
・毎晩ビールを3L
・睡眠薬を服用
・深夜JR駒込駅で生き倒れになっているところを保護⇒病院に搬送
・高座の後、意識もうろうとしたままコートを脱ぎ棄てて10時間以上も徘徊

情報によると胃潰瘍の手術後、体力が極端に衰え肺炎になったり、滑舌も悪くなって「高座でタンカが切れない」と悩んでいたそうです。

そして知り合いの保証人になり、1000万円以上の負債を抱えていたそうです。

病院では、うつ病の可能性が高いと大学病院の受診も勧められていたそうですが、そこにいくまでに自ら命を絶ってしまいました。

スポンサードリンク

桂三木助さんと春風亭小朝さんの関係

これだけを見ていると、体調の不調からうつ病を発症したように感じますが、これが小朝さんのいじめによるものだとしたら大変なことですよね。

三木助さんは、高級外車を乗り回しネオン街にくり出す遊び人でした。

小朝さんとは次世代のホープとして注目されていました。

周囲の人からも宇宙人と言われるぐらい度胸の座ったいわゆる変人だったんです。

そして小朝さんとはとても仲が良く、小朝さんの事を「兄さん(あにさん)」と呼んでいました。

オランダに行ったときに小朝さんに、ホテルで突然

「兄さん、葬儀委員長をやってもらえませんか?」

「呼んでほしい人と絶対呼んでほしくない人がいるんです」

「ぼくね、長くは生きられないと思うので今のうちにお願いしときたいんですよ。」

と早くから自分の死を予感していたそうです。

これはうつ病のせいなのか、病気のせいだったのかわかりませんが、葬儀委員長をお願いするということは小朝さんに対して信頼を持っていたのではないでしょうか。

小朝さんが言うには、モテ男だった三木助さんがお腹にバッサリと大きな傷が残ってショックだったのではないか。

食事もお酒も極端に量が減り、肉が大好きだったのに魚しか食べることが出来なくなった。

もう自分は駄目なのかなって情けない思いがあったのではないかと回遊しています。

友人関係や芸の悩みもあったそうです。

泰葉の暴露

春風亭小朝に被害を受けたのは
私だけではありませんでした

故四代目桂三木助の自殺は
小朝のいじめによるものでした
これは
落語界の中では
周知の事実です
関係者に聞いてください

私がいくら
泣いてすがって
三木助を助けてくれと言っても
小朝は知らんふり

大名跡三木助を襲名させ
「芝浜」という
大ネタをかけろと
無理強いし
散々叩かれ
それを
薄笑いしていた姿を
忘れられません

命まで奪った
小朝は
心から三木助に
謝罪してほしいと思います

そして
私も謝ります

三木助
ごめんね
助けてあげられなくて
ごめんね
圓歌師匠が
そっちに行ったから
パパと三人で
酒でもやってください

関係者に聞けばわかるということなのでおそらく真実なんでしょう。

泰葉さんは双極性障害で10年ほど闘病していました。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

泰葉の病気は双極性うつ病!元旦那、春風亭小朝に金髪豚野郎発言の真相は?

「治りました!」と明るく会見したのは2016年の9月。

それからまだ7か月しかたっていません。

また病気が復活したのか、真実を暴露しているのかはっきりしたことはわかりません。

泰葉さんはブログで

虐待を受けた人間は
機能を失います
心の病から
死に至ります

そう語っています。

春風亭小朝さんの性格

調べてみたのですが、あまり良くないみたいですね。

「小朝に人望がないのは、落語業界では特に有名。何事も独断専行ですからね。落語協会会長の鈴々舎馬風も、小朝の扱いには手をこまねいていますよ」

小朝さんは子供の時から「落語の天才」と言われ、異例の出世をしてきた人です。

泰葉さんとの結婚も蛯名家が持っている「林家正蔵・三平」の名跡が欲しかったとも言われています。

出世欲の強い人なんですね。

あの笑福亭鶴瓶さんも

「金髪が何でもひとりで決める。私たちは指示に従うだけ」と暴露。

「金髪は腹を割らない男」と人格まで批判しています。

泰葉さんはブログで「暴行、いじめ、異常性行為」も暴露しています。

新たな称号「恐怖の金髪SM豚野郎!」とまで言っていますから小朝さんは「SMプレー」が好きだったのでしょうか。

泰葉さんはパワハラも受けていたみたいで、坂口良子さんの母娘関係がうらやましかったそうです。

それだけつらい思いをしてまで、小朝さんとの結婚生活を続けていたのでしょうか。

まとめ

泰葉さんがブログで春風亭小朝さんが桂三木助さんを自殺に追い込んだと暴露した真相に迫ってみました。

どこまでが真実かわかりませんが、泰葉さんの今までの奇行を考えると「また・・・」って思いますが、病気も治ったと復帰会見をしているし、周囲の誰もが止めないということは案外、真実なのかもしれません。

この後、小朝さんがどう出るのか注目したいですね。

スポンサードリンク

down

コメントする