ピンクのお部屋

ピンクのお部屋 お暇な時間に ど・う・ぞ!

【訃報】竹田圭吾の病気はすい臓ガン!ガン告白からわずか3ヶ月でwww

time 2016/01/10

Pocket

こんにちは。ありんこです。

Mr.サンデーやとくダネでお馴染みのコメンテーター竹田圭吾さんがすい臓ガンでお亡くなりになりました。

体調不良やガンであることカツラなどをカミングアウトしてテレビでも激やせした姿を見せていました。

ネット上でも心配されていましたが、元気な姿で復帰されていたのですが・・・

心よりお悔やみ申し上げます。

スポンサードリンク

すい臓がんとは?

すい臓がんは早期発見が非常に困難な上に進行が早く、きわめて予後が悪いとされています。「癌の王様」と言う異名をとるほどです。

すい臓は「沈黙の臓器」とも言われ、ガンに犯されても早期の場合はほとんどは無症状で、多くは進行してから発見されることが多いです。

進行してからは治療が困難なため、生存率は低くなります。

すい臓がんに関連する記事はこちらをどうぞ。

⇒すい臓がんの権威 上坂克彦医師が情熱大陸に!

スポンサードリンク

竹田圭吾さんは2013年11月に病気療養を理由にテレビ各局のコメンテーターを降板しました。

2014年2月に復帰した際には、激やせぶりが話題になり、ガンや余命などの憶測が飛び交いました。

髪や眉毛などの体毛も薄くなっていて、カミングアウトしたときには「強い人だな」「なんてかっこいい人なんだろう」といった称賛の声があがりました。

竹田さんは2015年9月27日の「MRサンデー」で自身がガンであることを告白し、川嶋なお美さんや北斗さんのガンに対し

「襲われて戦うものではなくて、自分の中の一部にして、なだめすかしながらなんとか抑えながら生活するということ」

「これを検診の段階からイメージしておくと、いいんじゃないかと。自分の経験としては思う」

「見つかったら終わりじゃなくて、見つかったら何を優先するか、イメージしておくことも大事」

と発言されています。

竹田さんはまだ51歳でした。

激やせしてとても51歳には見えませんが、それでも最後までコメンテーターとして立派にお仕事をされました。

ガンの原因はストレスという説もありますがコメンテーターというお仕事はいろんな意味でストレスがたまる職業だと思います。

竹田さんが唯一フォローしたアカウントが「朝日国際報道」

それぐらい、国際情勢、政治に対して率直な意見を持った方でした。

最近ではこの方も病気で無期限休業を宣言されましたね。

⇒大ヒット曲を生み出した歌手の病気が実は?

まとめ

・竹田圭吾さんはすい臓がんで51歳という若さでお亡くなりになりました。

テレビでガンを告白されてからわずか3ヶ月ちょっと、あまりにも早すぎました。

竹田さんの切れ味のいいコメントを好きだった方もたくさんおられると思います。

本当に惜しい人を失いました。

心よりお悔やみ申し上げます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ありんこでした。

スポンサードリンク

down

コメントする