ピンクのお部屋

ピンクのお部屋 お暇な時間に ど・う・ぞ!

松居一代の嫉妬と束縛に耐え切れない?船越英一郎離婚を決意!

time 2016/01/13


こんにちは。ありんこです。

船越英一郎さんと松居一代さんが2月中にも離婚することがわかりました。

その理由を調べてみましょう。

スポンサードリンク

船越英一郎さんと松居一代さん

船越英一郎さんは2001年に松居一代さんと結婚しました。

船越さんは初婚でしたが、松居さんは再婚で3歳年上で連れ子もいました。

当時は船越さんの父、船越 英二さんが猛反対して松居さんとは口もきかなかったそうです。

2010年に実の妹で旅館のおかみをしていた平野洋子さんがうつで47歳という若さで自殺してしまい、船越さんのの母で元女優の長谷川裕見子さんは、松居さんは優しい人だから娘のように思っていたそうです。

でもお二人は2011年から別居していたらしいです。

船越さんのご自宅は3億円もする地下2階、地上1階の大豪邸。

スポンサードリンク

その近くに2億円もするマンションを購入して、そこで船越さんは一人で住んでいたそうです。

船越さんの趣味は、アニメビデオの収集や漫画です。

自分の一人の時間を過ごしたかったのでしょうね。

松居さんは掃除が得意という事で知られていますよね。

今は売られていませんが「マツイ棒(松居棒)」なるものも販売されていました。

マツイ棒は簡単に作れます。

「マツイ棒」の作り方

材料

割り箸(竹串、菜箸でも可)・・・1本
使い古しの布(ガーゼや布巾、Tシャツなど)・・・1枚
輪ゴム・・・1つ

作り方

1.持ち手部分を1/4程度残し、布を巻き付ける。

棒が抜けないように先端までしっかり巻きましょう。

2.さらに上から輪ゴムで固定すれば完成。

離婚の原因

船越さんは過去になくなった川嶋なお美さんと交際をしていたことがあります。

⇒ガンで亡くなった惜しい方。

2015年10月7日、松居さんは「緊急会見」と題して新刊自著の出版記念会見を開催しました。

「結婚して3年目の時、川島さんと船越が人生のひとときを歩んでいたことを知りました。主人には“お見舞いに行った方がいいのでは?”と言いましたが、時間がないまま天国へ召されてしまいました。川島さんの訃報を聞いた夜は、彼女の好きな赤ワインで献杯しました。主人は“川島さんは一度も人の悪口を言わない素敵な人だった”と言っておりました」

この発言に激怒した船越さんがその日から自宅に帰らなくなったそうです。

松居さんは嫉妬から発言したと思うのですが船越さんからしたら妻の口から過去の女性のことを話されるのは衝撃だったのだと思います。

結婚してから15年間、嫉妬と束縛に耐えてきた船越さんは我慢の限界が来たようです。

松居さんは離婚したくないらしく、反省しているそうですが、今回は度を越しすぎたのかもしれませんね。

⇒不倫で騒がれた人はこちら。

まとめ

・松居一代は嫉妬と束縛がすごかった。

・船越英一郎は我慢の限界だった。

夫婦といえ、ある程度の距離感を持ってプライバシーは尊重しないといけないという教訓ですね。

特に芸能人は付き合いも多く、ある程度見て見ぬ振りをしないと続かないと思います。

松居さんは今回は度を越しすぎたのかもしれませんね。

ある意味、自業自得かもしれません。

このまま、2月中には離婚してしまうのか次の報道を待ちましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ありんこでした。

スポンサードリンク

down

コメントする