ピンクのお部屋

ピンクのお部屋 お暇な時間に ど・う・ぞ!

キムタクだけ残留はなぜ?ジャニーズとの過去の裏取引

time 2016/01/14


こんにちは。ありこです。

まだ世間を騒がせているSMAP解散報道。

だんだん真相が見えてきましたね。

実は裏切ったのはキムタクだという情報が入ってきました。

詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

木村拓哉とジャニーズの裏取引

キムタクが独立するという話でSMAPはこれまでも何回か解散説が出てきました。

キムタクは20年以上前から再三にわたってジャニーズ事務所ともめてきた経緯があります。

主にギャラと恋愛問題。

ジャニーズはギャラが低いことでも有名ですが、「SMAP×SMAP」がはじまり、キムタク主演の「ロングバケーション」が大ヒットしたときのギャラで年収1000万円いってなかったとか。

1997年、キムタクは独立を決意し、実父が立ち上げた事務所から写真集を出す計画もしていたと言います。

この当時まだ嵐もデビューしていなくてジャニーズ側もキムタクに抜けられたら困るので大幅に譲歩したそうです。

「このとき、ジャニーズは写真集を許可するだけでなく、破格の待遇を裏取引で約束したんです。以降、SMAPのなかでもキムタクだけがギャラの条件がまったくちがう特別扱い。恋愛や結婚に関してもキムタクの意志を尊重するという約束が取り交わされたようです」

恋愛に関しては、90年代キムタクは“カオリン”と呼ばれる一般女性とジャニーズタレントとは思えないおおっぴらな交際を長く続けていました。

恋愛御法度のジャニーズ事務所とこの交際をめぐり何度も対立。

その当時、実務を担当していたメリー喜多川氏は報道が出るたびに激怒し、それにキムタクも反発するなど、かなり激しく対立し、両者の不信感は相当なものだったと言われています。

スポンサードリンク

でも工藤静香との結婚のときは過去の約束通り、事務所側も何も口出しできなくキムタクとしてはギャラも結婚も思い通りなので辞める理由はないということですね。

それにもう一つ大きな理由は、工藤静香の存在です。

2000年当時、トップアイドル同士の結婚を過剰すぎる報道にならないように守ったのがメリー喜田川氏。

これは、過去の約束もあると思いますがジャニーズ側としてもあまり騒がれないようにした方が得策です。

工藤静香はこのときの事に恩を感じて「メリーさんを裏切るようなことはできない。子供のことも考えて残ってほしい」とキムタクに懇願したそうです。

一家の大黒柱でもあるキムタクも長女(14)、次女(12)ら家族を守ることを決断し、残留という形をとったんだと思いますが、そもそも自分だけ他のメンバーよりギャラが多いということを隠して恋愛にも口出しさせないように裏取引をしていたという時点で裏切り者という事になりますね。

表立っては「今の自分があるのは事務所のお陰」と筋を通したと賞賛されていますが真相はどっちが本当なのでしょうか。

工藤静香が芸能界にカムバックする時にジャニーズがバックアップすると言う約束をしているとも言われています。

まとめ

以上のような経緯でキムタクは残留を決めたようです。

ジャニーズ関連の記事は報道規制がかかるのかどれが真実かわかりませんね。

でもここにきて他の4人のメンバーもジャニーズに残ろうかと悩んでいるそうですね。

これからどうなるのかまだまだ目が離せないSMAP解散報道です。

SMAP解散記事関連は他にもあります。

⇒飯島三智のプロフや経歴は?中居正弘の黒歴史をもみ消す!

⇒ジュリー藤島vs飯島女史でSMAP解散!キーマンは赤西仁か?

⇒ジャニーズ派閥でSMAP解散!飯島三智辞任へ!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ありんこでした。

スポンサードリンク

down

コメントする