ピンクのお部屋

ピンクのお部屋 お暇な時間に ど・う・ぞ!

峯岸みなみのスキャンダルの相手は?ライザップのCMで激変?

time 2016/01/15

Pocket

こんにちは。ありんこです。

今日から流れるライザップのCMが峯岸みなみちゃんだという情報が入ってきました。

あのインパクトのあるライザップのCMですよ。

過去には騒動を起こして坊主頭にしたみなみちゃん。

どんな騒動だったのか詳しく見ていきましよう。

スポンサードリンク

 

峯岸みなみのスキャンダルの相手

お相手は2011年に結成されたEXILE弟グループGENARATIONSのイケメンダンサー、俳優としても活動する白濱亜嵐さんです。

⇒イケメンモデルの記事はこちらもどうぞ。

お泊りデートをスクープされました。

白濱亜嵐

恋愛ご法度のAKBグループ。

そのときの謝罪文がこちら。

AKB48梅田チームBの峯岸みなみです。
この度は、今日発売される週刊誌の記事の中にある
私の経緯のせいで、
メンバーやファンの皆さん、スタッフさん、
家族、沢山の皆様に、
ご心配をお掛けしまして、本当に申し訳ありません。
(お辞儀)

2005年に結成されたAKB48の第1期生として、
後輩のお手本になるような行動を
常に取らなければいけない立場なのに、
今回私がしてしまったことはとても軽率で
自覚のない行動だったと思います。

まだ、頭の中が真っ白で、どうしたらいいのか、
自分に何が出来るのか分らなかったのですが、
先ほど週刊誌を見て、いてもたってもいられず、
メンバーにも、事務所の方にも誰にも相談せずに、
坊主にすることを自分で決めました。

こんな事で今回の事が許して頂けるとはとても思っていませんが、
まず一番初めに思ったことは、
AKB48を辞めたくないということでした。
青春時代を過ごしてきた大好きなメンバーがいる、
そして温かいファンの皆様がいるAKB48を離れることは、
今の私にとっては考えられませんでした。
甘い考えなのは分っていますが、
出来るのであればまだAKB48の峯岸みなみでいたいです。

今回の事は全て私が悪かったです。本当にごめんなさい。
これからの事は秋元先生や運営の皆さんの判断にお任せします。
まだ整理は付いていませんが、
今思うことをお伝えさせて頂きました。
有難うございました。(お辞儀)

坊主頭で涙の謝罪会見をする動画

スポンサードリンク

坊主にして研究生に降格になってもがんばったみなみちゃん。

その頑張りが通じたのか今もAKBとして活動されていますし、今回はライザップのCMに起用されました。

過去には香取慎吾さん、生島ヒロシさん、赤井英和さんと有名な方もたくさん出演されていますね。

⇒香取慎吾さんに関する記事はこちらにもあります。

ライザップは週に数回個室ジムにてトレーニングとメインは食事制限です。

毎回自分が食べたものを写メで撮りメールで送るという厳しいものです。

トレーニング期間中のインタビューで、「始める前はダイエットに対してネガティブな印象を持っていて、憂鬱な気分だった」と明かしていたが、実際に始めてみると想像していたダイエットとは違ったようで、“筋肉を付けてしっかり食べて、体をきれいに見せる”ボディメイクに「前向きに取り組むことができた」と話している。また、トレーニングや食事管理について分からないことはトレーナーを「質問攻めにした」と言い、その真面目な姿勢にはトレーナーも感心しきりだったそうだ。

今回のみなみちゃんも自分でお弁当を作り、トレーナーの支持による徹底した食事管理をしたそうです。

そして2ヶ月間のボディメイクを追え、ポッチャリから大人の女性へと一変しました。

CM撮影終了後には2ヶ月間トレーニングを二人三脚で取り組んできたトレーナーとともに涙を流す姿も。「最後に良い涙を流して、最高の形で終わることができてよかったです。ライザップは私のなりたい体をつくってくれた」と、トレーナーと喜びを分かち合ったそうだ

峰岸南 ライザップ

でもみなみちゃんはAKBでも結構ハードなダンスをしているしアイドルなのにあんなにお腹が出ているとは思わなかったです。

きっと無理やり猫背にしておなかを膨らませてオーバーに写真を撮っているんでしょうね。

まとめ

・峯岸みなみちゃんのスキャンダルの相手は、白濱亜嵐さんでした。

・今回のライザップ起用タレントはAKBの峯岸みなみちゃんでした。

・みなみちゃんはすっかり大人の女性に変身しました。

自分を変えたいという思いでライザップに挑戦したみなみちゃん。

ライザップもこれでますます人気が出るんでしょうね。

リバウンドとかしないのかな。

やらせという噂もありましたがそんなことはないようです。

行ってみたいけどお値段が高くてなかなかいけないですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ありんこでした。

スポンサードリンク

down

コメントする